MENU


ご存知ですか?交通事故・労災は接骨院・整骨院でも施術、対応が出来ます!
交通事故治療までの手順
1

事故直後の対処

負傷者の有無を確認し、負傷者がいる場合は119番して救急車を呼んでください。
事故の大小にかかわらず、警察に届け出してください。
届け出をしなかった場合、保険支払に必要な「交通事故証明書」が発行されません。
相手の住所・氏名・連絡先・自賠責保険の加入先・任意保険の保険会社、連絡先、担当者の氏名 の確認してください。
保険会社へ連絡する。
自己の判断で行動すると保険が適応されない場合もありますので、必ず連絡してください。

2

医療機関へ受診

事故にあってしまったら、まずは、病院で診察をお受け下さい。どこに受診していいかわからない場合は、一人で悩まず当院にご連絡下さい。
TEL:048-668-7878

3

保険会社へ連絡

保険会社へ当院で治療する旨を連絡し、承諾を得ます。また、保険会社への症状、部位の連絡は当院が間に入って行います。

4

カウンセリング

事故当時の状況、その後の経過、病院での診断内容、現在の症状などを詳しく確認します。

5

治療開始

症状に合わせて、手技(指圧・マッサージ・ハリ・灸・整骨・矯正)を中心とした治療を行います(基本は30分~1時間程度の治療となります)。
併せて、日常生活動作における注意事項、自宅でできる運動療法などの指導を行います。

6

治療終了

症状が無くなり、後遺症の心配がないかを確認次第、治療を終了します。その後、保険会社へ連絡し、保険会社より明細入りの示談内容書が届きます。
細部まで目を通し、納得してからサインして下さい。

労災保険治療について

労災保険治療とは、通勤途中や業務中に負傷、疾病、身体障害、または死亡の際に適用されて行う治療です。
また、怪我の治療だけではなく、労災による怪我で手術をした後のリハビリも可能です。
労災保険治療の対象は、アルバイトやパートの方にも適応になります。


労災保険治療の手順

柔道整復師用の労災用紙書類をご提出ください。
・職場での怪我の場合「様式第7号(3)」・通勤災害(交通事故)の場合「様式第16号の5(3)」
上記の書類は、厚生労働省 のホームページからダウンロードできます。
事業主の署名・捺印の他は、当院が書類作成や保険請求を代行して行います。

ダウンロードバナー ダウンロードバナー